正匠ブログ:髭おやじの云々
「正匠の家」髭おやじの云々...

バイク独り旅〜Vol.7

0
    9:00 大曲を出発

    約50キロ 
    山あいのなだらかな下り坂を西へ
    道とバイク


    途中 道の駅に立ち寄る

    小柄なおじさんが話しかけてきた
    ナンバーを見て目を丸くしている
    長距離トラックに乗っていて
    九州は長崎まで走ったと話される
    色白のカワイイおじさん
    訛りが強く20%は理解できなかった
    この辺りは意外と取締りが厳しいと
    教えてくれた
    最後まで手を振り見送ってくれた
    嬉しいもんだ

    海1

    遂に日本海

    冬の厳しさを物語るように
    草木は東側に傾いている

    さぁ
    頑張って酒田市へ

    国道7号線
    日本海とほぼ平行に沿う
    車が多く東北の殆どのナンバーを
    見かけた
    街が間近になると渋滞
    道の駅の近くになると渋滞
    それと暑さ
    全く
    路面に影がなく
    トンネルがない
    ヘルメット中は汗が流れ落ちる

    今度は休もう・・・
    今度こそ休もう・・・
    何回も唱える

    酒田市に着いた

    穀物倉庫

    古い穀物倉庫が観光地になっており
    もちろん現在も使われている

    薄学の私・・・
    「あのう・・さかたの種とも
     関係ある街ですか?」と
    制服を着たお姉さまに質問すると
    丁重に
    「あのさかたは苗字かと・・・」
    あん聞かねば良かった
    映画「おくりびと」のロケ地でもある

    (昨夜TVで葬儀業の実践みたいな
    番組を見たような・・・
    途中で変えてしまったが

    ロケ地の中は
    撮影に使われた様子と絵コンテ
    ビデオが流れている
    死に化粧のシーンは布団も敷いてある
    急な階段は上が社長室
    餅を食べるシーンを思い出した
    下ると葬儀屋の事務所
    面接シーンなどよく出てきた
    棺桶も値段毎に立て掛けてあり
    ちょっとビビッた

    何しろバイクは体ごと
    死は隣り合わせで
    皆はわかってて
    旅の無事を祈ってくれる

    お守り6個をいただき
    あちこちに配置している

    観光客目当ての古い店が一軒
    また、それがいい
    古い看板に色落ちした文字で
    おでん3種類とラムネ
    それも何だか良かった

    痩せた店のおばさんとの会話は
    ほぼ理解できなかったが
    着飾らない土地の言葉のまんま
    ・・また良かった



    <旅の写真集>
    PHOTO地:秋田県由利本庄市日本海
    バイク旅(日本海)バイク旅(日本海)バイク旅(日本海)バイク旅(日本海)バイク旅(日本海)バイク旅(日本海)



    PHOTO地:山形県酒田市山居倉庫
    バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)バイク旅(山居倉庫)



    PHOTO地:山形県酒田市映画おくりびとロケ地
    バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)バイク旅(おくりびとロケ地)



    コメント
    コメントする








       

    カテゴリ

    最新記事

    アーカイブ

    旧ブログ

    サイト内検索

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    リンク

    その他

    携帯

    qrcode